リラックスヨガ&クォーツォフォンヒーリング

  • グループヨガクラス  90分 2000円
  • 個人ヨガクラス     90分 5000円

ヨガと聞いてイメージされるのはどんなものでしょうか?
アクロバティックなポーズを頑張って行うような体を鍛えるヨガ?

御所ハルモニアガーデンのヨガは簡単リラックスヨガ。
「私は体が硬いから・・」「運動苦手だし・・」
そういう方こそ取り入れてほしい、誰でも気軽にできて、回数を重ねることで習慣的に日常生活の中で行うことで心身のセルフケアになるヨガです。

難しいポーズはほとんどなく、ヨガマットがなくても畳で気軽にできるヨガ。

日々の生活の中で知らず知らずがんばりすぎて疲れていたり、緊張が続いて緩み方がわからなくなっていたり・・そんなストレス過多な状態から心身を解きほぐし、自然体の自分を思い出してゆくことで疲れや緊張をリセット。コリをほぐし、全身の血流、循環をよくし、自律神経のリバランス、本来の自然治癒力が働く心身の状態に整えてゆきます。

そして、心身が緩んだ頃に、クォーツォフォン®︎という水晶でできたヒーリング楽器にて即興演奏をします。水晶の繊細で深い共鳴音は、全身に優しく響くことで心身をクリアリングし光で満たします。まさにクリスタライズ。サウンドトリートメントをゆったりとお受け取りください。

このヨガクラスは回を重ねて参加いただくことで、ご自身でメニューを組み合わせて自宅でも朝や寝る前、仕事の合間にヨガをセルフケアとして行えるようになります。

妊活中、マタニティ期、更年期・・様々なライフサイクルの方に無理なく受けていただけるよう配慮いたします。

「難しくないかな・・?大丈夫かな・・?」気になる方はお気軽にご相談くださいね。また、体験クラスも承ります。

ナチュラルボイスヨガ

  • グループナチュラルボイスヨガクラス 90分 2000円
  • プライベートナチュラルボイスヨガクラス   90分 5000円

ナチュラルボイスヨガは声が自由になることで気持ちが解放され、健康になることを目的に行うヨガです。

ナチュラルボイスヨガは声を鍛えるようなボイストレーニングとは違います。発声の訓練ではなく、リラックスして体を緩めて声を出してゆきます。
ハミングやトーニングと言われる日本語の母音(アイウエオ)を使って発声することから始めますので、声を出すのが苦手な方でも気軽にできます。

日々の仕事や人間関係のストレスで気持ちを抑えているうちに、息が浅くなり喉も詰まりがちになってしまっていることはありませんか。

セラピストのナビゲートに合わせて声を遊ぶように発してゆくことで、体のコリをほぐし、喉が自然に開いて声を自由に出しやすくします。

ナチュラルボイスヨガを通して自分自身の持つ本来の声に気づいたり、可能性を広げることができます。声がより自由に出ることで、歌うことはもちろん、他者とのコミュニケションも円滑になります。即興的な表現を繰り返すことで、創造性が高まっていきます。また普段使いすぎている思考を休め、マインドフルネスに導くメディテーション効果もあります。クォーツォフォン®︎の倍音浴付き。

エサレン®︎ボディワーク (現在個人セッション休止中)

着衣のエサレン®︎ボディワーク 

 80分 7000円(セッション60分)

エサレン®︎ボディワーク      

 2時間 12000円(セッション90分)

カリフォルニア・エサレン研究所から太平洋を臨む
(エサレン研究所HPより引用)

エサレン®︎ボディワークはアメリカ・カリフォルニア州エサレン研究所で生まれました。スウェディッシュマッサージをベースに、寄せては返す波のようなリズムと、ロングストローク、ストレッチや揺らし、エネルギーワークなどが組み合わされた、リラクゼーションのためのオイルマッサージです。

エサレン®ボディワークの特徴であるロングストロークで全身に働きかけていくことにより、それぞれ部分として分断していた身体にまとまり(全体性や統一感)を伝えていきます。
身体の緊張やコリが解けるにつれて、呼吸が深まり、血液やリンパの流れが促進され、自然治癒力も高まってゆきます。また古い緊張のパターンに変容をもたらすことで溜まっていた感情の解放が自然に促されることもあります。

エサレン®︎ボディワークを通して、あなた自身の身体に深く意識を向けてみてください。プラクティショナーはセッション前にカウンセリングを行い、その日の体調や要望などを聞いた上であなたに合わせたセッションをコーディネートしてゆきます。             身体を通してご自身の本質の海へ深くダイブしてゆく…内なる旅のひとときをプラクティショナーがナビゲートいたします。

エサレンセッションの流れ

⑴カウンセリング           

  個別に心身の状態やご要望をお伺いします。
   ↓
⑵エサレン®︎ボディワークセッション
   ↓
⑶ティータイム 

 セッション後はお飲み物をお出しいたします。

ゆっくりおすごしください。

エサレン®︎ボディワークの特徴

エサレンボディワークはスウェデッシュオイルマッサージを基本としつつ、他のマッサージとは一線を画する6つの特徴があります。

⑴タッチの質を大切にする 

 一般にマッサージは与え手が受け手へトリートメントするという一方通行な関係と捉えられていますが、エサレンマッサージでは〝タッチ〟を通した受け手と与え手の相互関係ととらえています。
そのため、クライエントの全体性を尊重して触れるタッチの質をとても大切にします。

⑵ロングストローク

 ロングストロークとは全身を対象に、連続する長いストローク(軽擦法)を行う方法です。たとえば手から始めたストロークは肩、背中、腰、下肢を通って足で終わります。全身をひとつのストロークでまとめる方法は全身の一体感を目覚めさせ、体がひとつであるという感覚を与えます。この「体がひとつである」という感覚は身体的なものだけでなく、心理的にも「私はひとつ」という統合感覚を生みだし、エサレンマッサージの心身へのアプローチのなかで大きな役割を果たしています。

⑶波のリズム

 エサレンボディワークが生まれ育まれたエサレン研究所はカリフォルニアの美しい海岸線にあり、打ち寄せる波の音が基調低音のように聞こえています。この波の音のなかでマッサージを行うため、意識的にも無意識のレベルでも、エサレンマッサージは波の繰り返しのリズム、動きの多様性から影響を受けています。波には大きな波、小さな波があり繰りかえされます。ロングストロークが波のように何度も繰りかえされ、時には渦を巻いて深部に入り、再び大きな波が全身を統合します。このように波のようなリズムと動きはエサレンマッサージの大きな特徴になっています。

⑷立体的なアプローチ

 エサレンマッサージでは身体を立体的なものとしてとらえています。そのためマッサージ技術でも体に立体的なアプローチを行うように工夫されています。ロングストロークを行う場合でも平面的ではなく、より多面的に全体的に触れるように行います。ストローク以外にも手足や身体を揺らすロッキングやムーブメント、身体の内側の広がり感じさせる深部へのアプローチなどにより身体の立体的感覚を提案していきます。

⑸多種多様なボディワーク手法の導入と統合

 エサレン研究所が誕生した1960年代はヒューマンポテンシャル・ムーブメント(人間性回復運動)が高まった時期であり、エサレン研究所もその中心地として発達しました。この動きは人間性およびその体験、行動に重きを置いたため、エサレンマッサージにも影響を与え、従来の理論や権威よりもセッションの場での体験を重視するようになりました。その結果、エサレンマッサージは形にこだわらずに多くのマッサージ、ボディワークの要素を受け入れるようになりました。同時にエサレン研究所の活動にさまざまなボディワークの著名な活動家も参加しました。ロルフィングのアイダ・ロルフ、フェルデンクライスのモーシェ・フェルデンクライス、トレガーアプローチのミルトン・トレガーなどです。彼らによって示された洞察、技術がエサレンマッサージに取り入れられていきました。興味深いことにさまざまなマッサージ、ボディワークとの出会いがあってもエサレンマッサージらしさは失われないということです。それはこのマッサージの持っている高い受容性とスピリット、しっかりとした基本構造があるからでしょう。

⑹アウェアネス・プレゼンス・コネクション

 アウェアネス(気づきを持つこと)、プレゼンス(今ここに在ること)へ意識を向けることはエサレンマッサージにとって大切な意味を持っています。この感覚はマッサージセッションでのプラクティショナーのあり方、受け手との関係性の築き方、そして技術の質を大きく塗りかえてしまうほど大きなものです。私たちは過去・現在・未来という三つの時間の相をもっていますが、マッサージを行うときは、気づき(アウェアネス)をもって、現在(プレゼンス)に意識を向けて、〝目の前にあること〟や〝今、起きていること〟〝受け手〟〝自分自身〟とのつながり(コネクション)を大切にします。このアウェアネス プレゼンス コネクションの3つの要素はエサレンマッサージのトレーニングのなかでも大きな部分を占め、呼吸法やヨガ、ムーブメントなどを通して育んでいきます。

エサレン研究所でのボディワーク研修の様子
(エサレン研究所HPより引用)